公開日: 2019.11.28  更新日: 2019.11.28

着物のレンタルにかかる費用は?相場や様々なプラン内容を徹底解説

レンタル着物の着付け写真

着物レンタルを利用するにあたり、料金相場やプラン内容について知りたいという人は多いでしょう。着物のレンタル費用やセット内容はお店によって異なります。そのため、お気に入りの一着をレンタルしたい場合は、着物の種類やプラン内容を比較することが大切です。

今回は、レンタルできる着物の種類や利用シーンごとの着物の料金相場、着物のレンタル方法による費用の違い、さらにプラン別の着物レンタル費用も解説します。着物レンタルの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

1.レンタル費用は着物の種類とレンタル方法で変わる

入学式や結婚式などのお祝いシーン、京都や浅草を和装スタイルでめぐる観光シーンなど、様々な場面で着物を楽しむ機会があります。いつもの洋服とは違う美しい着物を着用することは、きっとよい思い出となるでしょう。

しかし、着物を購入すると相応の費用がかかります。一度しか着用しないとわかっている場合は、着物を買うのではなく、着物レンタルがおすすめです。

ここからは、レンタルできる着物の種類や種類ごとの着物の料金相場、「お店レンタル」と「宅配レンタル」の料金相場の違いについて、詳しく解説します。

1-1.着物の種類について

着物レンタルの料金相場は、着物の種類によって異なります。着物レンタルがよく利用されるシーンは「結婚式」「お通夜・お葬式」「卒業式・入学式」「観光」の4種類です。
それぞれのシーン別に着物レンタルの料金相場を説明します。

◯結婚式

結婚式向けのレンタル着物

結婚式で着物を着用する場合、新郎新婦の近しい親族であれば黒留袖を、ゲストとして参列するのであれば訪問着を選びましょう。なお、振袖は未婚女性に限られる、ということが通説です。

着物の種類黒留袖
料金相場3万円程度

◯お通夜・お葬式

お葬式用のレンタル着物

親族としてお通夜やお葬式に参列する場合は、和装の喪服が一般的です。喪家側より格の高い服を着用することはタブーとされるため、親族以外の喪服はブラックフォーマルを選ぶ人が多く見られます。

着物の種類和装の喪服
料金相場1万5,000円~2万円

◯卒業式・入学式

最近では卒業式や入学式に着物を着て参加する人が増えています。お子様の卒業式や入学式に着物を着るときは訪問着を選びましょう。しかし、あくまでも主役は卒業・入学するお子様です。派手な色・柄の訪問着は避けましょう。

着物の種類訪問着
料金相場1万5,000円~2万円

◯観光

観光向けのレンタル着物

観光で着物を着用する場合は小紋や紬・色無地などがおすすめです。着物レンタル店では様々な柄の小紋を用意しているため、自分のお気に入りの一着を見つけましょう。

着物の種類小紋や紬・色無地
料金相場1万円~2万円

1-2.レンタル方法「お店」と「宅配」について

レンタルできる浴衣と振袖の写真

来店して着物を借りる「お店レンタル」は、着物の質やサイズを自分の目でチェックした上で着物を選べます。ネット上で借りる着物を選べる「宅配レンタル」は、自宅に居ながら着物をレンタルすることが可能です。

以下では、レンタル方法ごとに「カジュアル着物」と「振袖・留袖」のレンタル料金を表にまとめています。

レンタル方法お店
カジュアル着物(浴衣含む)3,900円~5,900円
振袖・留袖9,900円~1万8,000円
レンタル方法宅配
カジュアル着物(浴衣含む)1万3,000円~2万9,800円
振袖・留袖1万5,000円~5万9,800円

「宅配レンタルは安い」というイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、お店レンタルと宅配レンタルの料金相場を比較すると、着物の種類によってはお店レンタルのほうが安い場合もあります。

ただし、着物のレンタル費用は、着物のブランドやセット内容によって大きく変わります。お店レンタルの場合、着付けやヘアセットなどのオプションサービスを付けると、トータル費用が宅配レンタルよりも高額になる可能性があります。

「ヘアセットプラン」「小物一式セットプラン」などのオプションサービスも比較した上で、自分に合うレンタル方法を選びましょう。

2.カジュアルな着物のレンタル費用はプラン内容で違う

レンタルできる小物一式の画像

カジュアルな着物のレンタル費用は、プラン内容によって異なります。そのため、「手軽に着物を楽しみたい」「華やかで豪華な着物を着たい」など、要望や目的に合わせて着物レンタルのプランを選ぶ必要があります。

ここからは、人気の着物レンタルプランを3つピックアップして、着物のランクやセット内容について詳しく紹介します。

2-1.スタンダード着物プラン

スタンダードプランは、着物・半巾帯・巾着・長襦袢・足袋・草履・腰紐・肌着などがセットになっていることの多いプランです。
料金相場は3,900円~6,000円ですが、ネット申し込みや早期割引によって3,000円~4,000円で利用できる場合もあります。

季節を問わず着用できる着物や新作着物など、豊富な品ぞろえのなかから好きな着物を選べる点がスタンダードプランの魅力です。リーズナブルな着物を気軽に楽しみたい人や、観光やカジュアルなお食事会にぴったりの着物を探している人は、スタンダードプランをおすすめします。

2-2.ハイグレード着物プラン

プレミアムプランは、スタンダードよりも本格的な着物(振袖)・半巾帯・巾着・長襦袢・足袋・草履・腰紐・肌着などがセットになっていることの多いプランです。スタンダードプランと比較すると着物のグレードがアップしているため、高級感の漂う豪華な仕上がりとなります。
料金相場は1万5,000円ほどですが、ネット申し込みや早期割引を利用すれば1万円前後で本格的な着物を楽しむことができます。

本格的な着物を着て観光を満喫したい人や、華やかで高級感のある着物を着用したい人にプレミアムプランはおすすめです。目を引くデザインや鮮やかな色使いが素敵な着物も選べるため、個性を演出することもできるでしょう。

2-3.カップル着物プラン

カップルプランは、着物・半巾帯・巾着・長襦袢・足袋・草履・腰紐・肌着などのセットを男女ともに利用できるプランです。男性の場合、無料で羽織りが付くこともあります。
料金相場は8,000円~1万円ですが、ネット申し込みや早期割引により7,000円で利用できる場合もあります。

カップルで観光を楽しんで記念撮影をしたり、着物を着ていつもと違うデートをしたい人にカップルプランはおすすめです。記念日や誕生日に内緒で予約しておけば、着物でデートを楽しむというサプライズで素敵なひとときを過ごせるでしょう。

3.信頼できて費用も抑えられる!着物レンタルは「京あるき」がおすすめ

着物レンタル店のなかには、安さを前面に出しているお店も少なくありません。
リーズナブルなことはうれしいポイントですが、いくつか注意点もあります。

  • <リーズナブルな着物レンタルの注意点>
  • レンタルで利用できる着物が限定されている場合がある
  • ヘアセットやかんざしなどの小物は追加料金が必要になることがある

その点、「京あるき」は創業120年以上の老舗呉服店がプロデュースする着物レンタル店です。豊富な着物を取り扱っているだけでなく、事前予約によって費用が安くなることも人気の理由となっています。

さらに、全プランで着付けは無料です。「京あるき」では、着物のプロが着崩れしないよう丁寧に着付けしてくれます。また、美容師やカメラマンも在籍しているため、着付け・ヘアメイク・写真撮影をトータルサポートしてもらうことが可能です。

また、「京あるき」の着物レンタルは簡単に利用できます。当日来店したら好きな着物を選び、着付けとヘアセットが終われば、着物でお出かけすることが可能です。着物を返却する際は、店頭返却・宿泊先のホテル返却・翌日返却のなかから都合のよい方法を選びます。

「着物をきれいに着付けしてほしい」「着物の返却時間を気にせずレンタルしたい」という場合は、「京あるき」の着物レンタルを利用しましょう。

4.まとめ

着物を一度しか着ない場合は、着物レンタルを利用するほうがコストを抑えられます。着物のレンタル費用は、着物の種類とプランによって変動するため、レンタル前にサービス内容をよく確認しておきましょう。

着物レンタルには、「スタンダードプラン」「プレミアムプラン」「カップルプラン」などのプランがあります。プランによってセット内容が変わり、おすすめの利用シーンも異なります。どのプランがどのシーンに適しているのかを理解することで、自分にぴったりのプランを選べるでしょう。

「京あるき」は老舗の呉服店が営む着物レンタルです。リーズナブルな料金で様々な着物を楽しむことができるため、着物レンタルの利用したい人は「京あるき」を検討してみてください。

合わせて読みたいコラム一覧